亜鉛不足チェック方法

亜鉛不足チェック方法

亜鉛は人の体にとって、なくてはならない必須ミネラルなのです。以下のような症状が出ている場合は、亜鉛不足の可能性があるかもしれません。当てはまる項目が多い人は要注意です!食生活を振り返るきっかけにしてみて下さい。
また、必要であれば亜鉛サプリメントも効果的ですので試してみて下さい!

肌荒れ・シミが目立つ

亜鉛が減ると、細胞の分裂や再生が上手く行なわれなくなり、肌が荒れてきます。その為、シミやそばかすも目立ってきてしまいます。

爪が変形・変色する

亜鉛が減ると、たんぱく質の合成が上手く出来なくなるため、爪の伸びが遅れたり、伸びても割れやすくなってしまいます。

お酒が弱くなった

アルコールを分解するアルコール脱水酵素は亜鉛がないと働かないため、二日酔いもおこしやすくなります。

抜け毛が多い

亜鉛不足で、髪の毛の成長が遅くなったり、切れ毛や抜け毛を起こすことがあります。

擦り傷などが治り難い

亜鉛の欠乏で傷の回復が遅くなってしまいます。

立ちくらみが起きる

亜鉛不足が慢性化すると、貧血が起こりやすくなります。その為、血圧調整がうまくいかず、立ちくらみが起こることがあります。

目の疲れ

亜鉛の欠乏で、夜盲症になるほか、網膜の光を感じる能力が弱くなります。その結果、目が疲れやすくなります。

精力の衰え

亜鉛は男性ホルモンの合成にも関係していることから、セックスミネラルとも言われる。欠乏すると生殖能力の低下を招いてしまいます。

生理不順

女性の卵子には亜鉛が豊富に含まれていて、欠乏すると妊娠しにくくなる(不妊)ほか、生理不順も多くなります。

物忘れが激しい

記憶をつかさどる海馬という部分には亜鉛が多く含まれていると言われています。亜鉛が減ることで、記憶力も衰えてしまいます。

疲れやすい

最近、運動選手の疲労と亜鉛との関係が注目されています。筋肉中の亜鉛が減ると、筋肉の収縮力が弱まり、疲労が強まります。

風邪をひきやすい

亜鉛が減ると、免疫の司令塔であるT細胞がうまく働かなくなり、カゼをひきやすくなります。

味覚障害

亜鉛不足で、味覚障害を起こします。 実はガンの味覚障害に亜鉛が有効であったという報告がありました。
日本バプテスト病院ホスピス(京都市)の林章敏医師の調査によると、
「ガンが進行し、食べ物の味が分からなくなったり、おいしく感じられなくなったりした患者は、亜鉛製剤で味覚を回復できる」ということなのです。
患者の血液を調べると、味覚障害を訴える人の亜鉛濃度は確かに低値でした。比較的元気な9人に亜鉛が含まれる胃腸薬を飲んでもらったところ、6人が劇的に味覚が回復し、3人は改善しました。残る8人には食欲改善薬とされるステロイド剤を使い、5人の味覚が改善しました。

野菜不足解消にサプリメントがオススメな理由